読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まぬる【動】

マヌルネコっぽい人がまぬっている

職歴・その1

過去

そもそも専門学校に進学を予定していた

某中堅高校に通っていた私は、文章に携わる仕事がしたくて、
編集者を育てる専門学校に進学することになっていた。
しかし、願書を書く段になって、父がこんなことを言ってきた。
「専門学校はバカの行く所だから、浪人して早稲田に行け」と。
なぜ早稲田なのか。なぜ専門学校はバカの行く所と言うのか。
そもそも進路について話をした結果、そこに行くことにしたのに、
なぜ願書を書く段になってそんなことを言うのか。

混乱した私は、自分の身の振り方を何も決められず、
高校卒業前の一月に、担任に進路が宙ぶらりんになってしまったことを告げた。
もちろん就活などとっくに終わっている。
担任の言葉は「君のご両親は何を考えているんだ」だった。
そんなの私が知りたい。

中華料理店でバイトし、その後

元々家族との折り合いが悪くて、鬱を患っていた。
しかし当時は鬱という自覚もなく、ただ毎日風呂に入る時間や、自室で寝る時に泣いていた。
それでも働かなければならない。
それで近所の中華料理店でアルバイトをしていた。
ガキの小遣い程度の給料だったけど、それはそれで良かった。

そのうち、フロムAで見付けた印刷工場の募集に応募する。
(職安に行くのは、交通費などを考えると億劫だった)
社員数十人規模の印刷工場に就職が決まった。6月くらいのことだったと思う。

つづくかもしれない。